アットベリーは敏感肌用

アットベリーが敏感肌でも大丈夫な理由

 

アットベリーは薬用ですから、効果も期待できます。

 

特に肌の黒ずみに効果のある成分や、美容成分がふんだんに配合されているので、効果が高いと言われているのです。

 

アットベリーは医薬部外品ですから、黒ずみの解消に期待が持てますよ。

 

薬用ということで、その分肌に悪影響な成分もはいているのでは?

 

そんな風に気にしている人も少なくないのではないでしょうか。

 

特に敏感肌の人には気になるところでしょう。

 

薬用であるアットベリーの副作用についても見てみましょう。

 

 

アットベリーに副作用の心配はある?

 

アットベリーには副作用の心配があるような成分は含まれていません。

 

ですので、安心して使えるんです。

 

しかし、中には肌に合わないと言った人もいるでしょう。

 

敏感肌の人などはそうかもしれません。

 

もっとも、肌の心配のある人でも、実際に痒みや赤みが出たということは聞かないので心配はゼロではないにしても、ほぼ大丈夫と思ってもいいでしょう。

 

 

毛孔性苔癬の人は肌が弱い

 

毛孔性苔癬とは

 

あまり聞きなれない病名なのですけど、実際は一般的によくある皮膚疾患です。

 

これは、子供の頃から発症し、小学生の高学年に至っては全体の2割の子が患っているとされている、どこにでもある一般的な疾患なのです。

 

これは、年齢と共に改善することが多く、30代になるころには多くが自然消滅するといわれています。

 

しかし、中には改善しない人もいるのです。

 

ですから、毛孔性苔癬は誰にでも発症する可能性があります。

 

発症すると長い付き合いになる皮膚病だということがいえますね。

 

毛孔性苔癬は、どちらかというと女性に多い皮膚疾患なのですが、男性でも発症の可能性は十分にあるようです。

 

毛孔性苔癬の発症場所は二の腕が多くなっていて、肩・太もも・背中などにもできます。

 

毛穴が詰まることで丘疹というブツブツが発生して、ざらついた肌触りになってしまうのです。

 

ブツブツ自体は普通の肌色のことも多くて、薄い赤や茶色っぽい色をしているので、中には目立たないけど触るとざらざらしているのでわかるという場合もありますよ。

 

自覚症状はなく、まれに軽いかゆみを感じる人がいる程度ですね。

 

毛孔性苔癬の原因は、はっきりとはわかっていません。

 

ただ、遺伝的な要素が大きいといったように100年以上も前から研究されているのですが、解明には至っていないのです。

 

それでも、肌の弱い人に毛孔性苔癬は発症しやすいことはわかっています。

 

毛穴詰まりということですから、新陳代謝が弱い人にもかかりやすそうですね。

 

 

アットベリーで優しくケア 摩擦が一番の敵

 

黒ずみの悪化も防ぐ

 

薬用アットベリーの優れている効果は黒ずみ解消するだけでなく、悪化を防ぐ働きもあるという点です。

 

 

黒ずみの悪化を防ぐ働き

 

アットベリーを気になる黒ずみ部分に塗ってみましょう。

 

アットベリーの目に見えないバリアで表皮を摩擦などの刺激から守ってくれるのです。

 

脇などの黒ずみ原因に衣類の擦れなどから起こる摩擦で黒ずんでしまうことがあげられています。

 

摩擦で黒ずみ??

 

そう思う人も多いことでしょう。

 

例えば、多くの女性が陰部の黒ずみで悩んでいるという話を聞いたことがあるでしょう。

 

この原因は摩擦にあって、毎日下着を着用していることが原因なのです。

 

そして、全身の衣類の中で衣類と肌との密着度がとても高いため、365日常に肌がダメージを受けているのです。

 

この部分の黒ずみをアットベリーが表皮にバリアを作ることで摩擦から守ってくれるのです。

 

黒ずみは摩擦が一番の的というのは、脇を考えてみても常に稼働していて肌と肌がすれる部分ですから、黒ずみになるというのも分かる気がしますね。

 

とはいっても、普通に生活していては防ぐ手立てはないので、そうなるとアットベリーが強い味方になってくれるのです。

 

返金保証もあるアットベリー公式!